EXPLORING THE WORLD

KENJI & HIDEKA / Round-the-world trip 【2017/2/15-2018/1/15】

アルゼンチン ボリビア

【移動日】アルゼンチンから、3か国目ボリビアへ

投稿日:

2017/3/21(火)&22(水)DAY35&DAY36

アルゼンチンから3か国目ボリビアへ!

遂に2か国目のアルゼンチンから、3か国目のボリビアへ移動する日です。

ブラジル、アルゼンチンと見どころが多く、この2か国ですでに1か月超。

色んな顔のある2か国でした。

そして、ボリビアはラパスを1日だけ観光してウユニ塩湖を目指します!

 

1. El Chalten→El Calafate パタゴニアを去る

2. Buenos Airesで1泊

3. Buenos Aires→Santa Cruz→La Pazへ

 

<フライトスケジュール>

2回乗り換えて、2日間かけて目的地のラパスにやっと着きます。。

_3/21 15:30発

◆El Calafate(アルゼンチン)

_18:25着

◆Buenos Aires(アルゼンチン)

【1泊】 ※空港泊の予定が・・・

_3/22 11:00発

_13:00着

◆Santa Cruz(ボリビア)

_16:00発

_17:00着

◆La Paz(ボリビア)

ボリビアは南米最貧国。

 

がらっと街の雰囲気が変わりました!

1. El Chalten→El Calafate パタゴニアを去る

朝、6時に起きてバタバタ準備。

7時過ぎにホステルを出ました。

「マテ茶用」と書かれたお湯が常時置いてあったり、とてもいいホステルだった!

 

まだ暗い中、バスターミナルまで急ぎ足です。

無事にバスに乗車し、出発。

 

El Chaltenを去り、まずは元滞在していた街、El Calafateに戻ります。

バスで3時間。

バスから朝日が昇るのが見え、なんとも幻想的な空に。

 

そして、少し雲隠れしていますが、

遠目に燃えるフィッツロイをまた観ることができました。

何度見ても、どこから見てもやはり感動的。

 

もう一度見たいなって思っていたから、念願叶いました

やはり一瞬の美しい光景。。

 

ちなみに沿道には、野生のリャマがいました。

一番右端の子です・・・!

道に出てきてたから、バスの運ちゃんにクラクション鳴らされてた笑

 

3時間して、El Calafateに到着。

バスターミナルに公衆電話があったので、「マルチツールナイフが空港内でなくなった(盗られた?)件」について保険会社に電話を試みる。

 

コインが足りなくて、informationのお姉さんに両替をお願いしたら、

AR$1くれた

 

しかーーし!

どうやら公衆電話からの国際電話(保険会社のオフィスがアメリカ)はかなりお金がいるようで、電話越しの保険会社のお姉さんの一言で無情にも電話は切れました・・

2人で話し合って、この「マルチツールナイフがなくなった(盗られた?)件」について、余計な時間やお金を費やすのはナンセンスだという結論に。

 

「これから滞在するホステルで、固定電話を借りられるところがあれば、そこで電話しよう!」ということに。

 

そして、空港までのバスに乗るために、El Calafateで滞在していたホステルへ向かいます。

 

空港行きのバスは、元々このホステルの前からのピックアップで予約していました。

さらに、先日のこのホステルでのCheck-out時に、余分に精算されたお金を返してもらいます。

今回ホステルに再度寄る予定で本当に良かった~~!怒

 

バスターミナルからホステルまでは歩いて25分くらいあるので、前後バックパックでの歩きは結構しんどい・・・

ラベンダーがきれいでいい匂い~

 

無事ホステルで、AR$255(=約\2000)返してもらいました!

そして、バスが来るまで作ってきていたランチ(ご飯+ゆで卵+ふりかけ)と残りの食材(トマト、リンゴ等笑!)を食べる。おいしい~~!

13:30頃無事バスに乗車し、El Calafate空港へ。

 

空港にて。

アルゼンチン航空では、行きに超過料金を取られたので、恐れていたのですが、なぜか帰りは超過料金かからず!

よくわからんけどラッキー!

 

そして、ついにパタゴニアとお別れ~

今までに出会ったことのない規模の大自然とともに、

とても穏やかに過ごすことができたパタゴニアの日々は

忘れられないものになりました。

いつかまたこの地に来たいな。。

 

フライトは3時間くらいで、ナッツ、エナジーバー(ソイジョイみたいなもの)、飲み物でした。

 

2. Buenos Airesで1泊

18:30頃、無事にBuenos Airesに到着です。

今回、El Calafate→Buenos Aires、そして、Buenos Aires→ボリビアのSanta Cruzまで、すべてアルゼンチン航空を使っていました。

 

3/21夕方にブエノスアイレスについて、翌日の11時発に乗るために、

空港泊をして、宿代を浮かす計画でした。

 

しかーし!

今回、「一度、ブエノスアイレスで荷物をピックアップして、翌日の搭乗2~3時間前にまたカウンターへ預けに来てくれ」ということでした・・・

同じ航空会社なのに、サンタクルスまでそのまま預かっていてもらえないのか・・・

 

後ほど他の旅人から聞いたのですが、どうやら同じ航空会社でも、国際線と国内線を乗り継ぐ場合は、一度預けた荷物をピックアップして、また、搭乗前に預けなおす必要があるそうです。

知らなかったー!

 

ということで、当初の予定だった「身軽でセキュリティ検査の中での空港泊」が出来ません。

バックパック前後に抱えて空港泊しようかとも思ったのですが、一度セキュリティを出ているため、一般の人もうろうろしている場で巨大荷物を守りながら寝るのは結構ハードル高いなと。

しかも、治安あまりよくないブエノスアイレス!

 

ということで、急きょ空港近くのホステルを予約しました。

夜も暗いので、Uberで移動。

前回宿泊していて慣れているパレルモでしたが、はずれの暗い道を2本入った場所だったので、結構怖い・・・

 

しかも、受付の担当がバイト?の人かなんかで、「予約が入っていない」という話になり、その怖い道から中に入れてもらえず、一瞬立往生・・・

 

必死でBooking.comの予約ページをスペイン語表記にして見せて、バイトの方にボスに電話で確認してもらいました・・・!

 

私たちの心の声「これから、夜移動するのは厳しいぞ・・・怖」

 

なんとか、ボスに確認がとれ、やっと部屋に入れてもらえました。涙

よかったー!!

 

なんだかかなり疲れ、とりあえず夕飯を食べに行こうということに。

といっても人通りの多い道まででるのが、結構怖い

 

かなり足早で、適当なレストランを見つけて入りました。

夕飯は、健次牛肉&マッシュポテト、秀佳ラビオリ&チキン、そこに飲み物代で一人AR$200くらい(=¥1600)。

アルゼンチン物価高いよーー汗汗

 

そして、宿に戻ります。

宿は、安かろう悪かろうで、結構かび臭いお部屋。。。

 

でもでも!誰でも通れる空港スペースで寝るよりは、安全面でかなりまし

my寝袋に包まれて寝ます・・・

 

 

3. Buenos Aires→Santa Cruz→La Pazへ

ブエノスアイレス→サンタクルス

7時前に起き、すぐにホステルCheck-out

 

(・・受付に誰も人おらず笑)

 

Uberで空港へ移動し、残りのオレンジやリンゴをナイフで食べます。

↑パッと見、空港でナイフ持って結構怪しいですね。。

でも剥いているのは超平和なリンゴです!笑

 

・・マルチツールナイフに代わるプラスチックナイフをパタゴニアで150円くらいでゲットしていました。

が、刃をしまう鞘がなく、その辺のパンフレットを手作り鞘にしています笑

 

<標高について>

ボリビア La Pazの標高は、約3650m世界一標高の高い街と言われています。富士山とほぼ同じです。

さらに、このLa Pazの空港の標高は、約4000mでこちらも世界一標高の高い空港と言われています笑

 

私は過去に富士山に登った時、かなりつらく、高山病になりやすいほうだと思われますので、今回の旅には事前に父に処方してもらった、高山病の予防&治療薬である『ダイアモックス』を持ってきました。

「標高の高いところに行く前日から飲むべし」、とのことなので、ここで2人で飲みます。

 

そして、アルゼンチン航空、ここでも預け荷物の超過料金は取られませんでした。

航空会社の規則がいまいちわからんけど、ラッキー!

 

余ったアルゼンチンペソでホットサンド・クロワッサン×2を頼みます。

AR$150(=¥1200)

本当に物価が高い・・

そして、手持ちが足りなかったので、カフェラテ×2はカードで精算笑。

 

さようなら~アルゼンチン

ブエノスアイレスからボリビアのサンタクルスまでのフライトは3時間。

飲み物とサンドイッチがでました。

 

サンタクルス到着!

サンタクルスはボリビアの中でもかなりリゾート感のある街のようです。

入国審査で少し待たされ、荷物の中身チェック。

しかし、日本人とわかるとにこにこして、荷物チェックも簡単になりました笑無事、3か国目ボリビアへ入国!

 

まず驚いたのは、物価の安さ

コーラや水が、6ボリ(ボリビアーノ)(=¥80)!

アルゼンチンの半額!!

嬉しいーー!

 

サンタクルス空港では、1時間半ほど時間があったので、

ボリビアのお金をATMでおろします。

こちらもびっくり!

手数料無料のようでした。

 

アルゼンチンでは、本当に高い手数料(いくらおろしても750円くらい手数料かかってた!)だったので、めちゃくちゃ嬉しいーー!!

 

サンタクルスの待合席の数少ないショップの中に、なぜか日本のアニメのフィギアがたくさん置いてありました。

需要があるのかな・・・

 

サンタクルス→ラパス

16:00、ついにサンタクルスからラパスへの飛行機へ搭乗!

>あっちゃーーん!!

もろた手帳を世界一周日記にしとるよーー♡♡

 

途中6000m級のアンデス山脈らしき山々が・・!

こちらは、「アマゾナス航空」というかなり悪名高い航空会社だったので、相当ドキドキしていましたが、何事もなく無事ラパスに着きました。

フライトは1時間くらいだったので、飲み物のみでした。

ラパスの風景は、今まで見てきた南米の街とはかなり異なっていました。

煉瓦造りの四角い家々に、茶色い街並み。

怖かった「アマゾナス航空」!笑

 

怖いタクシー事件

ラパスの治安も結構悪いです汗

到着と同時に警戒態勢ON!!

空港の出口には早速かなりの数の厄介なタクシーの客引きがいます。

 

声をかけてきた元締めみたいな人に連れられ、『10歩先』のタクシーの運ちゃんのところへ。

中心街まで一律60ボリ(=¥960)なことを知っていたので、元締めの人にはホテル名を伝え、「60ボリで合意」していました。

 

タクシーのぼったくりの話もよく聞くので、元締めの人とタクシーの運ちゃんの2人の前でも「60ボリ」ということをしっかり確認して、先に支払います。

100ボリ札しかなかったので、それを運ちゃんに払うと、お釣りの「40ボリ」を元締めの人に渡そうとします。

 

こらこら!何しとるん!

元締めの人、ただ間に入って2、3言話しただけで、40ボリ持ってくのはおかしいやろ~~

 

自分たちでバックパックもトランクに入れているし、チップを渡すほどのことをしてもらっていないと感じているので、元締めの人には何も渡さずにタクシーに乗り込みます。

 

そして、少し走ると、ラパスの独特なすり鉢状の街が見えてきました!

茶色いものがすべて家です。

標高の高い箇所に行けば行くほど、貧困とのことです。

(酸素濃度が高い方が富裕層)

建物は基本的に煉瓦造りで、このような四角い形をしていた。

 

今まで見てきたどの南米の街並みとも違う、独特の雰囲気

さらに高低差が激しい街なので、ケーブルカーが通っています。

 

中心街に入ります。

タクシーに乗る前にホテルの名前を伝えて、「OKOK」と言っていたのに、結局最後渋滞に巻き込まれている時に、大声で何かを叫び始めます。。

あまりの迫力に「今すぐ降りろ」ということなのかと二人で、困惑・・

でもここで降りてトランクに入れている荷物盗られてもいやだしな。。。

 

よく聞くと「Calle!!Calle!!」と叫んでいるのも聞こえる。

「Calleって”通り”の意味か!」

ということで、ホテルの通りを伝えるも、「もう2ブロック先で、ここからすぐだからここで降りろ」とのこと。

 

ちなみに地図上では、まだ4ブロックほど先

ずっとスペイン語で叫ばれてまくしたてられるので、降りました。

 

もーーひどいなーー。。

 

そして、標高4000mの空港に降り立った時には、あまり感じませんでしたが、ここからホテルまでの4ブロックが結構きつかったです。

重いバックパックを前後に背負っていて、暗くなりかけている歩く前後の道をかなり警戒しながら歩くだけでもかなり労力を使うのですが、、、

 

・・・とにかく空気が薄い!!

そして、治安が悪そう・・・

 

緊張と息切れが酷いです。。

ゼイハア言いながら、やっとの思いでホテルに到着しました。

 

今回1泊だけなので、なるべく移動しやすいようにバスターミナルに近いホテルを取りましたが、かなり個性的な内装でした笑

 

とりあえず荷物を置いて、今日はもう暗いので、あまり街を歩かないようにして、一番近いファストフード店で夕飯にします。

25ボリ(=¥400)でチキン、ポテト、ご飯 or 焼きそばみたいなの・・安い!

物価の高いアルゼンチンから来たので余計安く感じます!

ちなみに味はまあまあおいしいです。

ケチャップだけは、やはり食べ慣れない科学的な味がするので食べられません・・・

 

そして、そそくさと宿に帰り、移動の疲れもありますのですぐに寝ました。

 

は~~~長い移動だった~~

 

明日は、ラパスを1日観光して、夜行バスでついにウユニの街へ移動します!

1




1




-アルゼンチン, ボリビア

執筆者:

関連記事

【Bs As 4日目】世界で二番目に美しい本屋と、雰囲気ありすぎの墓地

2017/3/15(水)DAY29 『美しすぎる本屋』と、『雰囲気ありすぎる墓地』 観光! 今日のブエノスアイレスは雨です! しかし、ブエノスアイレス観光で外せない世界で二番目に美しい本屋と、 美しい …

【アルゼンチン】3時間待ちのイグアスの滝!そして、停電!!

2017/3/9(木)DAY22 イグアスの滝 悪魔の喉笛まで3時間待ち! 本日はアルゼンチン側のイグアスの滝へ行きます! 今も思い返しても、なっかなかハードな一日となりました・・・ 1.ハードなイグ …

【ボリビア】ラパス観光とウユニへの夜行バス

2017/3/23(木)DAY37 ボリビアの首都ラパス観光日! ボリビアのウユニ塩湖へ行く途中、首都であるラパスに立ち寄り1日観光します。独特な街! 夜、ラパス発の夜行バスでウユニの街へ! ラパスは …

【タンゴの生まれた街】カラフルな芸術のあるカミニートへ

2017/3/14(火)DAY27 タンゴの故郷 カラフルな港街カミニートへ 昨夜のタンゴの興奮が冷めやらぬまま、目覚めました。 今日は、ブエノスアイレスでもカラフルな街、カミニートへ行きます! 1. …

【パタゴニア】『燃えるフィッツロイ』を目指して

2017/3/19(日) 憧れの『燃えるフィッツロイ』を目指して! ヘッドライトをつけて、夜中の登山をすることにした私たち。 無事に「燃えるフィッツロイ」を拝むことはできたのか!? 早朝、真っ暗の中、 …

PROFILE

➤夫婦世界一周記

健次 KENJI
1987年7月8日 生まれ
神奈川県茅ヶ崎市出身
O型

秀佳 HIDEKA
1988年1月10日 生まれ
三重県津市出身
O型

2017年4月
« 3月   5月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930