EXPLORING THE WORLD

KENJI & HIDEKA / Round-the-world trip 【2017/2/15-2018/1/15】

ペルー

【ペルー】クスコ遺跡巡りツアー観光の日!

投稿日:

2017/4/1 DAY47

【ペルー】クスコ半日遺跡巡りツアーに参加

<Peru>Joined a half day tour of Inca Ruins in Cusco

昨日申し込んだ半日遺跡巡りツアーに参加します。

半日クスコ近辺の主要な遺跡を巡ってくれるので、とてもお得感のあるツアーでした。

1.ペルー料理のランチ

2.見どころいっぱい遺跡巡り

3.中華のおいしさよ!笑

1.ペルー料理のランチ

朝、ゆっくり起床。

今回のホステルLos Aticos B&Bは、とっても素敵なホステル。

掃除も行き届き、何よりスタッフの仕事ぶりがきっちりしていて、

気持ちが良いです。

 

ここの朝ご飯は、パンチーズハムのほかに生卵が置いてあるので、お好みで自分たちで卵料理を作ってよいというシステム

すてき!

目玉焼きを作ります。

いっきに料理が豪華になります♡

 

午前中は、私がブログ作業、健次がクスコ観光を調べる。

この辺の作業は案外時間がかかるので、時間を積極的に作り、集中して行います!

 

ランチ

そして、本日は午後からクスコ半日ツアーに参加するので、準備をしてランチを食べに行きます。

昨日ランチを食べたKusiを気に入ってしまったので、本日も行こうということに。

宿からは15分くらい歩きます。

アルマス広場脇の教会

アルマス広場

 

本当に一切の隙間なくみっちり積み上げられていますね。

何度見てもすごい。

こんな感じ。

昨日も見たけど、12角の石

 

Kusiに着きましたが、残念なことに本日はお休みでした。

あまり時間がないため、ツアー集合場所の近くへ戻って、手ごろなレストランに急いで入ります。

 

15ソル(=¥500)で、ミニサラダ、キヌア野菜スープ、メイン、レモネードという豪華な感じ。

 

ミニサラダ

大好物のアボガド、トマトの上になぜか食パンがのってる

 

キヌアスープ

かーなーりーボリューミー

メイン

健次→豚肉

秀佳→トローチャ(マス)

こちらもかーなーりーボリューミー!

 

レモネード

多分お砂糖もそこそこ入っているけど、

めっちゃおいしい!

どれもなかなかおいしくって、お腹いっぱいです!

 

チョコレート屋さん

さて、集合時間まで、少しだけ時間があったので、クスコでは有名らしいチョコレート屋さんに行ってみました!

 

La Cholita

観光客のお土産用にも使えそう!

こんな風にショーケースに並んでいますー!

ナッツ系の味が多い中、マテ茶味という変わり種も♡

ツアー中のおやつに4つ6ソル(=¥200)買ってみました。

こちらの物価からすると結構高級チョコです!

今日のツアー中、大切に持ち歩きます!笑

食べるの楽しみ♡

 

2.見どころいっぱい遺跡巡り

そして集合時間13:30になったので、集合場所のツアー会社のオフィス前に向かう。

だ、誰もいない・・・

え・・・?

 

 

『まあ、南米だし、基本皆時間ルーズなんだろうな~』

って思ってたけど、なかなか誰も来ない・・

それらしき人もいない汗

え、不安・・

 

10~15分くらいして、昨日の客引の兄ちゃんを遠目に発見!

「誰もいないんだけど~」と伝える。

余り驚きもせず、こちらへ寄ってきて、「ついてきて」とのこと。

説明してほしい・・・汗

 

そして、10分弱くらい彼に連れられながら歩く。

別の広場に到着。

そこには、別の客引が何人かいて、それぞれお客さんを連れてきてた。

 

あーなるほど!!

それぞれ客引きがお客さんを連れてきて、1つのツアーガイドにまとめる感じなんですね!

ちなみに、昨日私たちも捕まったけど、最終的に断った客引の方も2人くらいいました。

昨日、ツアーの内容の違いを問いても答えをうやむやにしていたのは、このためだったんですね。

完全に同じツアーだから、違いなんて答えられないもんね。。笑

 

ガイドは、『ジャネットさん』といって、きれいな英語を話す女性でした。

結局ここでさらに30分くらい待たされ、25名くらいになったところでツアー開始。

 

アルマス広場

まず、アルマス広場へ

結構何回もアルマス広場は通っているけど、やはり街の中心なんですね。

 

 

コリカンチャ

そして、コリカンチャへ15分くらい歩きます。

コリカンチャは、インカとスペインの文化が融合した建物として、最もわかりやすい。

もともとインカ帝国の時代に、太陽の神殿として建てられていましたが、スペイン侵略後、スペイン人はそのインカ建築を土台としてその上に教会をたてました。

しかし、過去に起きた大規模な地震で、後にスペイン人によって建てられた上のヨーロッパ様式の建築部分はすべて倒壊し、インカ建築の土台は壊れずに残ったということです。

いかにインカ帝国の建築技術が高かったかということを物語っています。

 

入場料一人15ソル(=\540)別料金で支払います。

ガイドさんが、スペイン語→英語で丁寧に説明してくれます。

コリカンチャ中庭

見えているアーチ型の部分はすべてヨーロッパ建築

 

こちらの壁はインカ建築

 

隣、隣の隣の部屋まで窓が重なるように設置されています。

 

この部屋の一番小さな積み石

2cm×2cmと言っていました。

 

こんな小さい石まできっちり・・・!

 

インカ帝国の世界観を示す

 

2階の隅っこの方にある、

もともとインカ文明で太陽の神に捧げものをする場所

この石についているでっぱりは用途がまだ解明していないそう・・・

左右対称でもないし・・・不思議。

 

ヨーロッパ建築の豪華絢爛な優美な装飾に比べて、とても質素な感じがしましたが、不思議ととても神聖な気持ちになります。

 

このみっちり敷き詰められている石の内側の面は、それぞれ凸凹になっており、それらが組み合わさって、がっちりと土台をつくっているそう。

ただ、平らな面がみっちり密着しているだけでもすごいのに、さらに内側が凸凹で組み合わさっているなんて。

すごすぎる。

でも、どおりで地震が来ても揺れない訳です。

 

この庭にある噴水は水源がわからないそう・・・

未だに水源のわからない噴水や井戸などが、クスコの街にはいくつかあります。

インカ時代に、街で使いやすいように山のどこかから地下(?)を通って、水路を作っているようなのですが、いまだに解明していないとは不思議なものです。

 

インカでは、コンドル、ピューマ、ヘビは神聖な動物とされています。

天上界=コンドル、地上界=ピューマ、地下界=ヘビ

を意味するといわれています。

クスコの市自体もピューマの形にかたどられているといわれています。

 

10分の自由時間。

コリカンチャ中庭

少し雨が降ってきました。

 

そして、コリカンチャを後に。

外は雨でした!

少し歩いたところでツアーバスを待ちます。

 

このバスが全然来ない・・・

30分くらいしてやっと来ました。

安いツアー(15ソル=¥540)だからなにも言えない・・・笑汗

 

サクサイワマン

お次は有名な6月のインカのお祭り『インティライミ』も行われる、インカ帝国の要塞、サクサイワマンへ。

ここは、クスコの街がピューマの形とすると、丁度頭部に位置します。

ぐにゃぐにゃの道を登っていきます。

すぐそばの羊ちゃん♡

 

所要時間は、40分

思った以上に大きな要塞でした。

というか使われている岩がとにかく大きい!

こんなサイズ!!

本当に運ぶの大変な人力が必要だと思う。

街中と比べると巨大で荒々しい印象の岩が要塞という感じがしますね。

頂上を目指してみます!

標高は3700mとかなので、結構キツイ笑

少し曇っていますが、クスコ全体の街が見渡せました!

迫力がすごい

見晴らしがいいせいか、街全体が近く見える。

要塞を降りて、、

待ってくれているバスに乗り込みます。

 

 

ケンコー

お次は、宗教儀式が行われていたという巨大な岩です。

入り口側から見た全体像。

ケンコーとはギザギザという意味で、この巨大岩はギザギザに加工されています。

宗教儀式が行われたという岩の中に入っていきます。

わくわくわくわく!

この辺で、テンション上がりすぎて、サクサイワマンから始まった『世界ふしぎ発見!』のリポーターごっこが止まらないです笑

『世界ふしぎ発見!』のリポーターに憧れる人って多いですよね、私もまさにその一人です!笑

リポーター『おっと、岩場の道を抜けました!』笑

リポーター『あっ、こちらはやはりピューマの頭部の形をしていますね~!』笑

 

ここから、宗教儀式の場所に入りますが、この中では生贄とされた動物を捧げたり、ミイラを作るための場所とされている台があります。

深く地下に潜るというわけではないのですが、光の入らない巨大岩の影ということで、体感温度が数度下がるという説明でした。

 

ミイラを作る台です。

恐々と触ってみましたが、ひんやりしていました・・・

ここでインカ帝国時代にミイラを作っていたと考えるとちょっと緊張。。

 

(生きたままここに座ったのかは分かりませんが、)

岩の上で何を思ったか・・

ケンコーの出口側からの全体像。

外側のギザギザに犠牲の血を流す儀式があったとか・・

クスコの街より400mほど標高が高いため、街を見渡せます。

 

 

タンボマチャイ

お次は、タンボマチャイ。

この周りの遺跡の中で一番標高が高い(3800m強)ということです。

水を崇める場所でもあり、見晴らし台ともされていた場所。

バスを降りたところからさらに10分くらい坂道を上る必要があります。

 

うーん、、なかなか堪える・・・

ちなみに途中でアルパカセーターをもって広げて見せながら近づいてくる物売りが何人かいて、その人たちをかき分けていくのが大変でした笑

 

見えてきました!

美しい石段です。

この水源はやはり未だにわからないのだそう。

乾季も雨期も大きく水圧を変えず、絶えず流れ続けているそうです。

なによりここが標高3800mだというのに、水が流れているのが本当に不思議です。

誰かインカ時代にタイムスリップして聞くしかないですね笑

せっかくなので、すぐ正面にある見晴らし台にも上りました。

この上の部分です。

近く見えるけど、やはり上るの結構しんどい笑

 

ここから、他の遺跡と鏡や火を使って交信して情報のやり取りをしていたそう。

 

 

 

アルパカいましたが、観光用のようでした。

 

 

プカプカラ

最後に、プカプカラ遺跡

 

見晴らしの良い場所に築かれた、赤い要塞です。

が、もう暗くなってきたのと、複数の遺跡を歩き回った疲れとで、バスの皆さんほとんど降りず。笑

降りたの25名中、うちら合わせて5名くらい

気持ちはとてもわかる笑

 

そして、帰りがけ、ツアーによくありがちな土産屋さんに連れてかれます。

アルパカ毛を使ったニット屋さんでした。

本物のベビーアルパカの見分け方を教えてもらいます。

 

山の中腹にあるため、先に歩いて帰ることもできず。

他の皆さんの買い物中、真っ暗なバスで待機笑

 

そして、街へと帰りました。

 

3.中華のおいしさよ!笑

細かく英語で説明してくれたガイドさんへチップを渡します。

 

帰りは、中心であるアルマス広場で降ろしてもらえるという話だったのに、かなり離れたところでみんな降ろされる・・・汗

私たちは、ネットが使えなくても地図が見れるMAPS.MEという最強アプリがあるのでなんとか大丈夫でしたが、結構焦りました汗

20分くらい歩いてやっとホステル近くまで。

辺りは暗いので、ドキドキです。

 

夕飯は、気になっていたホステル近くの中華屋さんで♡

結構お客さんで賑わっています!

店内もきれいな感じ。

料理は、1品15~25ペソ(=¥540~900)くらい

 

あ~久しぶりのアジア料理!

匂いは「完全においしそうな匂い」なので、期待できます!

 

まずセットのワンタン麺が出てきました。

スープではなく麺が入っています。

久しぶりの中華鶏がらスープの味に感激・・・・涙

おいしい!!

 

そして、私は大好物のエビ!!

久しぶりのエビ!!

多分、日本以来!?

エビなこともあり笑、めちゃくちゃおいしかったです!

ちょっと量が多いけど。

春巻きと書いてあったものを頼んだら、小さい春巻き♡

皮が硬めですが、おいしいです。

健次は、2品セットのを頼みました。

奥のものは、甘い梅味(!?)で、

・・・まあまあでした笑

 

ホステルに戻ります。

明日は、マチュピチュへ移動するため、駅までのタクシーの予約を行ってもらいました。

この宿をとても気にっていたので、マチュピチュから帰ってきた時もこの宿に2泊したいという話をすると、Booking.comの値段よりだいぶ安い値段でオファーしてくれました!

しかも、「(私たちが今泊まってい)部屋を開けとくね!」って。

本当に親切でよい宿!

 

『人』が親切でよいとやはりその宿、その地域、その国が好きになりますね。

 

明日は、ついにマチュピチュ村へ移動します。

マチュピチュへは、クスコの街から列車で向かいます。

 

 

 

1




1




-ペルー

執筆者:

関連記事

【移動日】列車でマチュピチュ村へ

2017/4/2 DAY48 【ペルー】列車でマチュピチュ村へ移動します! <Peru>Going to Machu Picchu by Peru Rail まさに『世界の車窓から』in …

【移動日】ラルコ美術館 そして、エクアドル グアヤキルへ

2017/4/7 DAY53 & 2017/4/8 DAY54 【リマ】見ごたえ!不思議なラルコ美術館 そして、エクアドル グアヤキルへ Larco museum in Lima and we …

【バスでの国境越え】過酷 ボリビア→ペルー

2017/3/30 DAY45 【国境越え】ボリビア→ペルー バスにて <Cross-Border>From Bolivia to Peru by Bus さて、ボリビアのチチカカ湖に面し …

【ペルー】世界遺産 クスコの街 1日目

2017/3/31 DAY46 【ペルー】世界遺産の街 クスコ観光 1日目 <Peru>City of World Heritage “Cusco” Day1 ボリ …

【ペルー】マチュピチュ村からの過酷な脱出

2017/4/4 DAY50 【ペルー】『早くマチュピチュ村から帰らせてー!』 <Peru>Hard escape from Machupicchu town さて、昨日は丸一日かけてワイ …

PROFILE

➤夫婦世界一周記

健次 KENJI
1987年7月8日 生まれ
神奈川県茅ヶ崎市出身
O型

秀佳 HIDEKA
1988年1月10日 生まれ
三重県津市出身
O型

2017年6月
« 5月   7月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930